バイク王 バイクライフ研究所 コラム

『名車に乗ってみる』 小倉 修

小倉コラム写真

「最新は最良」とはポルシェのキャッチコピーにも使われている言葉ですが、しっかりとしたコンセプトを持ち、最新の技術が投入されたモデルであれば、どの車・バイクにも当てはまることでしょう。

でも、車種を選択する上で最新が全て良いかといえば、そうではないと私は思っています。時代を超えてもなお色褪せない「名車」と呼ばれるものがある。そういうバイクに乗ってみるのも、バイクライフの愉しみのひとつです。

名車の定義はなかなか難しいものですが、例えば70年代のホンダCB750K0、あるいはカワサキZ1、80年代であればヤマハRZ250 やカワサキGPZ900R、90年代ならカワサキゼファーやヤマハFZRシリーズ、ホンダNSR250Rなど、その時代に大きな影響与えたモデルや、時代を超えた性能を持つモデルがあります。

振り返ってみると、多くの人に支持されたバイクは、やはり名車と呼ばれるものが多いですね。もちろん支持や知名度が高いバイクだけでなく、ホンダXRやヤマハセローなどあるいはヤマハTDM、スズキグースなどの個性あるモデルも名車だと思います(多分に個人的な嗜好ですが)。

趣味として乗る物だからこそ、自分が生きてきた時代の中で名車として知られるバイクに一度は乗ってみる。当時の雑誌や資料、マニアと呼ばれる人々のブログなどを読んだり眺めたりする時間も楽しいものです。投機的に高くなってしまったものもありますが、まだまだ乗って楽しく、持って楽しい隠れたバイクはたくさんあります。
皆さんも、自分だけの名車に乗ってみてはいかがでしょうか。

(photoキャプション)
名車もさまざま。
例えば70年代のホンダCB500というモデル。CB750よりもバランスが良く、実際、実戦投入されたレースでも速かった。
750の名声や戦略に押され、市場では陰を潜めなければならなかった車輌。
バイクに関する資料や記事を読んでいると、意外な名車や自分だけの名車に出会うこともある。

一覧へ戻る