バイク王 バイクライフ研究所レポート 004

~ リターンライダー実態調査を実施 ~


再び趣味に選ばれるバイク、4 人に1 人が“リターンライダー”

2013年11月14日
バイク王 バイクライフ研究所




PDF版はこちらPDF




 バイクライフの楽しさやバイク市場の動向を広く社会に発信することを目的に活動を行う「バイク王 バイクライフ研究所」(所在地:渋谷区広尾、所長:澤篤史)は、バイク文化の啓発活動の一環として、“リターンライダー”が多く含まれると想定される40代、50代を含む全国822名の現役ライダーを対象に、インターネットによるバイクライフの意識調査を実施しましたので、本日その結果を発表します。


【調査結果Topics】


■一度バイクを手放したあと再度乗り出した経験は? 手放していた期間は?
 ・「手放し期間5年以上」のライダーは23.2%、約4人に1人が“リターンライダー”という結果
 ・40代以上では、3割以上が手放し期間5年以上の“リターンライダー”

 ・「手放し期間20年以上」は、40代が8.7%、50代11.7%と約1割。
  生活環境の変化によりバイクを再入手した層が存在していることが明らかに。
 ・排気量401cc以上の大型バイク所有者の約3割が5年以上ブランクを空けた経験あり。


■再度バイクに乗り始めた理由は?
 ・第1位は「手放していた間も、ずっとバイクが好きだったから」で49.2%
  次いで「経済的に余裕ができたから」が23.0%、「改めて自分の趣味を持ちたかったから」が18.9%

  第2次バイクブームの影響を受け、手放した後もバイクへの思いを忘れられずにいた層が、生活環境の 変化により、
  改めて打ちこめる趣味、自分をカッコ良く演出するツールとしてあらためてバイクに乗り 始めたことが伺える。

※今回の調査では、手放し期間5年以上のライダーをリターンライダーと定義しています。


【調査概要】

 ・調査方法         インターネットアンケート
 ・調査実施機関  マクロミル
 ・調査実施期間  2013年10月4日(金) ~ 2013年10月6日(日)
 ・対象地域        全国
 ・対象者            51cc以上のバイクを所有している20~59才の男性822名
               (内、リターンライダーが多く含まれると想定される40代206名、50代206名)


■調査結果

【年代別】



【排気量別】



【再度バイクに乗り出した理由】

第1位

手放していた間も、ずっとバイクが好きだったから

第2位

経済的に余裕が出来たから

第3位

改めて自分の趣味を持ちたかったから







■グラフ数値について(左から)
 ・一度もバイクを手放した経験はない、乗り続けている
 ・再度乗り出した経験があり、手放していた期間は5年未満
 ・再度乗り出した経験があり、手放していた期間は5年以上10年未満
 ・再度乗り出した経験があり、手放していた期間は10年以上20年未満
 ・再度乗り出した経験があり、手放していた期間は20年以上


※今回の調査では、手放し期間5年以上のライダーをリターンライダーと定義しています。



※本調査に関する詳細なデータが必要の際は下記連絡先までご一報ください

調査に関するお問い合わせ先

■株式会社バイク王&カンパニー
 バイク王 バイクライフ研究所
 担当 : 桐生・平見
 TEL : 03-6803-8867
 東京都港区海岸3-9-15 LOOP-X 13F