ニュースリリース

バイク未来総研、『リセール・プライス』ランキングを発表


『ホンダ・Gold Wing Tour』が首位獲得!


対象期間2023年9月~2023年11月

            2024年1月16日
            バイク未来総研




PDF版はこちらPDF




 バイク業界のよりよい未来を考え、新しい価値を調査し、分析した内容を広く社会に発信することを目的に活動を行うバイク未来総研(所在地:東京都世田谷区、運営:Bike Life Lab supported by バイク王)は、2023年9月~2023年11月の期間を対象に、「再び売却した際、高値の付くバイク」=「“リセール・プライス”の高いバイク」上位10車種を『Bike Life Lab supported by バイク王』に発表いたしました。


 『“リセール・プライス”の高いバイク』は、需要の高いバイク、つまり『人気のあるバイク』と言い換えることもできます。47回目となる今回は、「ホンダ・Gold Wing Tour」が首位に輝きました。


 

◇『ホンダ・Gold Wing Tour』が首位獲得!

 



※本リリースの調査結果を転載される際は、必ず「バイク未来総研調べ(https://www.8190.jp/bikelifelab/bikefuture/resale-ranking/newest/New Window)」とご明記ください。




 ■ 総合ランキング

順位 メーカー・車種 リセール・プライス

1

ホンダ・Gold Wing Tour

95.8 Pt

2

ホンダ・リード125

95.4 Pt

3

ホンダ・X-ADV

93.8 Pt

4

ホンダ・ADV160

89.7 Pt

5

カワサキ・ELIMINATOR

86.6 Pt

6

ホンダ・DIO110

84.3 Pt

7

ホンダ・CRF1100L Africa Twin

83.0 Pt

8

ホンダ・FORZA

82.7 Pt

9

ヤマハ・XSR900

82.0 Pt

10

カワサキ・Z900RS

81.6 Pt

 ◇対象期間2023年9月~2023年11月


 47回目となる『リセール・プライス』ランキングは、『ホンダ・Gold Wing Tour』が首位に輝きました。

 2015年5月発表の第12回リセールプライスランキング以来の首位獲得となりました。


■ 世界中で愛され続けるGold Wingシリーズ

 Gold Wingシリーズは1970年台に『GOLDWING1000』として発売されてから現在に至るまで半世紀近く世界中で愛され続けているシリーズです。

 そんな歴史あるGold Wingシリーズの最新モデルである『Gold Wing Tour』は1833cc水冷4ストローク水平対向6気筒のエンジンを採用したモデルです。

 2021年モデルから電子制御式の変速機構のDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を標準搭載し、4種類から選択可能なライディングモードも採用しているためシルキーでパワフルな走りを実現しています。

 容量についてはサドルバッグやリアトランクなどの積載は全て合計すると121Lの大容量となり、3泊4日2人分相当の荷物を収納することを想定したサイズ感となっています。シートはまるでソファのようなゆとりあるサイズ感となっており、クルーズコントロールや電動スクリーンを採用することで長距離走行時の快適性を高めています。

 また、重量のある車体の取り回しを楽にする微速前進後退スイッチを始め、スマートキー・スマートフォン対応機能・電熱シート・オーディオ機能・二輪車用のエアバッグシステムなどの装備も搭載しており、快適性において4輪に匹敵するのではないかと思えるほどの豪華な装備を採用しています。

 長距離ツーリングの快適性において『Gold Wing Tour』の右に出るモデルは少なく、絶対的な地位を確立しているホンダのフラッグシップモデルです。



■ 環境にも優しいスクーター、リード125が総合2位!

 今回総合2位を獲得したホンダの『リード125』は、前回の第46回より排気量別ランキングで1位を獲得。今回は、排気量別ランキングで2位と11.1Pt差をつけて、『ダックス125』や『モンキー125』などの人気車種を抑えての1位獲得となりました。また、37Lのシート下収納スペースを確保し、積載性にとても優れ、環境適応型エンジンのeSP+エンジンや、アイドリングストップ機能を採用し、環境にも優しい人気のスクーターで今回総合2位にランクインしました。



■ 落ち着きを見せる発売間もないバイクの価格

 また5位にランクインしたのはカワサキの『ELIMINATOR 400』。過去の集計上、新発売されたバイクは、リセールポイントが100Ptを超え上位にランクインするケースもありましたが、2023年モデルとして新登場の『ELIMINATOR 400』は86.6 Ptとなっており、総合ランキングでは5位という結果になりました。

 これは新車の供給が安定してきていることにより、プレミア価格が付きづらくなったことが伺えます。



■ 安定した人気のホンダADVシリーズ

 今回新登場の『ELIMINATOR 400』を抑え、ホンダの『ADV160』が総合4位、X-ADVが総合3位を獲得しました。ホンダのADVシリーズは、国内4メーカーで唯一のアドベンチャースタイルのスクーターとなっており、2023年3月発表の第44回リセールプライスランキングより、3回連続で排気量別ランキングトップ5にランクインしています。アドベンチャーモデルが、高い人気を得ている中、今後「アドベンチャースクーター」の動きにも注目です。



 新年を迎え春のバイクシーズンに向かっていく中で、今後のランキングにどのような変化をもたらすのか、引き続き『リセール・プライス』ランキングにご注目ください。




※排気量別ランキングは、BikeLifeLabバイク未来総研の記事に掲載しております。以下URLよりご確認ください。
記事URL:https://www.8190.jp/bikelifelab/bikefuture/resale-ranking/newest/New Window





■『リセール・プライス』とは

 バイクを再び売却(=リセール)するときの価格(=プライス)を指します。
 2024年1月現在、新車で購入が可能なバイクを対象とし、オークションで売却した際の落札金額の平均値と新車販売価格を基に『リセール・プライス』をポイント化。ポイント数が高いほど、『リセール・プライス』が高いと想定できます。
 本指標は、200万台以上の累計取扱台数を誇る『バイク王』のデータを基に、Bike Life Labが独自に集計したものであり、バイクユーザーが新車あるいは中古バイクを購入する際の参考情報として活用されることを目的としています。


■ 算定基準

 ・国内主要4メーカーが、国内で販売しているバイク(2024年1月現在・逆輸入車を除く)

 ・新車販売価格は2024年1月現在の価格を基準。
   カラー等により価格が複数ある場合は、最安値を基準に算定

 ・モデルチェンジが実施された場合は、最新モデルのみを対象とする

 ・期間内に、Bike Life Lab独自の規定台数に達する流通があるバイクを対象とする



【バイク未来総研について】



 

 2022年3月にバイク業界のよりよい未来を考え、新しい価値を調査し、分析した内容を広く社会に発信することを目的に発足しました。

 国内外のレースで輝かしい成績を挙げ現在はモータージャーナリストのほか多方面で活躍する宮城光氏を所長に迎え、バイクライフの楽しさやバイク王が持つバイクに関する独自データ分析などの情報発信に加え、ライダーやバイク業界がこれから描く「未来」に切り込んだコンテンツを順次発信します。





■ バイク未来総研所長 宮城光のココがポイント

 リセールプライスランキング上位のマシンは、概ね趣味と実益を併せ持つ魅力、つまり毎日の通勤にも使えて週末は快適に別世界へ連れて行ってくれるマシンが手堅く上位をキープしているとも言えます。しかしながら今回のゴールドウィングは、圧倒的に趣味性を極めたマシンです。今回のタイミングでトップポイントを獲得した事は異例とも言える内容。とは言え、ここ数年のソロツーリングの人気や、アドベンチャーモデルの人気も、基本的にはツーリングマシンとしてその性能を特化したモデルへの認識が高まったと言えます。また、ホンダのADVコンセプトが2台、TOP10に入っている事も、バイクへ対してアクティブな要因が求められている事が解ります。そう考えると、ピュアにマシンに性能を楽しみたいユーザーと、新しい世代では複合的にマシンに性能を求めている事も考えられます。ユーザーへのベネフィットが、ビジュアルから見て取れる方が解りやすいのでしょう。







※本プレスリリースに関する画像が必要の際は下記連絡先までご一報ください。

■プレスリリースに関するお問い合わせ先

  株式会社バイク王&カンパニー
  バイク未来総研
  担当:佐々木、赤松
  TEL:03-6803-8855
  E-mail bikelife_lab@8190.co.jp
  東京都世田谷区若林3丁目15-4