バイク事業の特徴

仕入の仕組み

弊社は年間10万台のバイクを仕入れております。仕入先は、お客様からお申込みをいただき、出張買取査定を実施しているため、オークションから仕入れるのではなく、お客様から仕入れております。

まずお申し込みは、お客様から、売却、査定をしたいバイクについて、メールやお電話にてお問い合せをいただきます。そして受付は、コンタクトセンターにて24時間、365日体制で受け付けており、全国からいただいたお問い合わせを効率的にお客様のもとへ伺えるよう近隣のお客様の情報を整理し出張買取査定のルートを設定いたします。それをもとに、全国に展開する店舗の従業員が出張買取査定として、お客様の自宅にお伺いし、全国統一の査定基準はもちろん、売却を決定されたお客様に対しては、面倒な書類手続きの代行まで対応いたします。なお、仕入れたバイクは、物流センターに配送もしくは店舗にて販売いたします。

販売の仕組み

当社のバイク販売チャネルは大きく分けて二つあります。ひとつは業者向けオークションを介した卸売、もうひとつは「気軽」「安心」「選べる」をコンセプトに自社の店舗等で展開するリテールです。

ホールセール

ホールセールでは、仕入れた年間10万台のバイクのうち、約8万台を売却しております。
店舗にて仕入れたバイクは、各物流センターへと配送し、バイクに応じた整備を施しております。例えば、錆に覆われているようなバイクは、錆取りや別部品に取り換える、走行距離も多く長年乗られていたバイクは、分解整備を行うなどバイクにあった価値の高め方を考慮したうえで、効率良くバイクを整備しております。

整備を施したバイクは、ホールセールであるオークションに出品し売却いたします。販売先は主に、ジャパンバイクオークションとビーディーエスの2社を通じて出品をしています。なお、ジャパンバイクオークションとは、2011年に業務・資本提携を結んでおり、安定的なバイクの供給を実施し、出品にかかる費用の抑制を実現しております。

なお、オークション参加者は、全国における他社のバイク販売店のほか、海外バイヤーが買い付けにきておりますが、会場での落札をはじめ、会場に来られなくてもインターネットにて落札を行っております。

リテール

リテールでは、年間10万台を仕入れたバイクのうち、高品質なバイクを中心に、約2万台を店頭販売もしくは通信販売しております。リテール用のバイクは、状態の良いものが多いため、軽整備で済むバイクもありますが、全車輌しっかりと整備してお客様に安心、安全にお乗りいただけるよう取り組んでおります。

中古バイクは、現行にない車種、すなわち絶版車の割合が高いため、メーカーから部品の供給がされていないバイクも多く存在しておりますが、2019年に部品の卸売会社を子会社化し、安定的に部品を供給できるよう、万全の体制を構築しております。

なお、パートナー企業に整備を一部委託しておりますが、リテール強化にともない、自社で車検・点検を受け入れることができる認証工場も着実に増やしております。(2024年3月時点38店舗)
また販売した後も、お客様が安心、安全にお乗りいただけるよう、環境を整備しており、中古では珍しい最大7年間の長期保証をはじめ、返品保証、定期点検やオイル交換などのサービスを通常の半分の値段で提供するパートナーズパックを提供しております。

その他、サービス

当社には整備士が150名以上在籍しており、国家資格を持った整備士が販売前の整備はもちろん、販売後の定期点検などを実施し安心、安全なバイクライフの提供に努めております。

  • バイクパーツ・バイク用品の販売

    新品のパーツはもちろんですが、バイクを仕入れた際にお客様から仕入れた不要なパーツの販売、年間10万台を仕入れたバイクからパーツを取り外して販売を行っております。

  • バイクのレンタルサービス

    近年のバイクブームにより、バイクレンタルの需要も高まっており、今期においてはレンタルの取り扱い店舗も増やしております。レンタルサービスをご利用する際には、ネットでお申し込みができ、4時間から気軽に借りることが可能となっております。

  • 保険代理販売

    バイクを安心してお乗り抱くために任意の保険の加入をお勧めするほか、盗難保険のご案内も実施しております。これらその他サービスは、販売をより強化することで、比例して成長が可能な事業だと考えています。