事業戦略・成長展望

■中期経営計画について


 <背景とビジョンの変更>

 今回の中期経営計画の前提となる当社のビジョンについてご説明申し上げます。
 当社が掲げる「バイクライフの生涯パートナー」とは、具体的には従来の買取という「点」で繋がるお客様との関係から、新たに小売をはじめとする様々なサービス提供によって「面と時間軸の広がり」を持った関係に進化することを目指すものです。
 そして、一人ひとりのお客様満足度のさらなる充実とともに長期にわたって支持していただける企業となること、また、従来のお客様に新たなお客様を加えた多くのお客様に支持していただける企業となること、さらに、お客様とともにより豊かなバイクライフを創り上げていく企業となること等を実現したいと考えております。
 このビジョンを実現するために、2016年11月期(2015年12月1日~2016年11月30日)を初年度とする3カ年の中期経営計画を策定いたしました。


 <中期経営計画の基本方針>

 今回策定した中期経営計画においては、まず3年後のあるべき姿として従来の買取中心であった「バイクを売るならバイク王」というブランドから、バイクに係るサービスを総合的に提供する「バイクのことならバイク王」と言われるブランドへの進化を掲げることといたしました。そして、このあるべき姿を実現するために「当社ビジネスの土台である車輌仕入の最大限の活用」と「小売の販売チャネルの拡充」を基本戦略として、「買取と小売の融合」「お客様の視点に立った事業展開の推進」、「経営体制の強化」に努めることにより、「バイクライフの生涯パートナー」の実現と収益の拡大を目指してまいります。


 <重点施策>

  中期経営計画においては以下の三つを推進してまいります。
  1.「買取と小売の融合」
  2.「お客様視点の事業展開」
  3.「経営体制の強化」


 当社はビジョンの実現に向けた取り組みを進めてまいりますので、これからもバイク王にご期待いただき引き続きご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。