社員インタビュー

お客様の満足は、私への信頼感から生まれる。

練馬大泉店 買取

大澤 優路

入社前から親身に向き合ってくれた。


毎日いろいろな方と交流がしたいと思い、営業職を中心に就職活動をしていました。また、大学生の頃にコツコツとためて買ったバイクへの愛情が自分でも驚くほど強かったため、バイク業界という選択肢も視野に入れていました。
同業他社からも内定をいただいていましたが、バイク王のフィードバックが最も丁寧でした。面接等の選考段階で思ったこと、これから期待していること、また、会社として一人前に育てていくつもりだとういうこと。まだ入社も決まっていない自分に対してここまで親身に向き合ってくれる会社は他にないと思い、入社を決めました。

いかに自分を信頼してもらえるか。


現在は、お問い合わせのあったお客様のもとへ伺い、バイクの査定買取を行っています。単純に査定をして買取をするだけでなく、時には買い替えの提案も同時にしたりと、その場その場でお客様のご様子を見て対応するようにしています。
また、限られた時間の中で、私という1人の人間をいかに信頼してもらえるかが重要な仕事です。やはり、これまで大切にしてきたものを手放すわけですから、この人なら大丈夫だと思ってもらいたいんです。買取後に「あなたのおかげで売る決心ができました」と、お礼のメールをいただけこともあり、今のやりがいに繋がっています。

向いているのは、コミュニケーションに興味を持てる人


人が好きな方が、この仕事には向いていると思います。バイクの買取と言っても、バイクとだけ向き合い査定をするわけではありません。むしろ、お客様との会話の中にこそ、この仕事ならではの醍醐味が隠されています。お客様のご自宅から失礼をする際、お客様に満足感を抱いてもらえているか。そのポイントは価格ではなく、自分の対応がきちんと適切であったかによるものだと肝に銘じています。
逆に言えば、私自身がそうだったように、バイクの知識や営業スキルは入ってからでも十分身に付きます。それよりも、コミュニケーションを楽しめるか、楽しみたいと思えるかがこの仕事に求められている資質だと思いますね。

他の社員インタビュー